株式会社小野仁
トップページ業務内容

業務内容

平成19年2月に創業50年を迎えた小野仁は、見積りが他社より少し高いかもしれません。ですが、学術団体様、協会、財団様、出版社様との長いおつきあいの中で培ったノウハウと心づかいは、他の追随を許さない、と自負しております。

フィルムラッピング 「ご存じですか?」

フィルムでくるまれた郵便物やメール便、どうやって作られているかご存じですか?
小野仁では定形郵便サイズからA4版雑誌やタブロイド判新聞まで、幅広くラッピングをお受けしています。
また、おそらく世界に2台しかない(未確認)新聞の2つ折りラッピング機(1パス処理)を2台保有しており、全4台体制で小ロットから大ロットまで多用なご要望にお答えします。

>>大きな画面で見る

>>大きな画面で見る

各種ダイレクトメール企画発送代行 「大丈夫?」

何を、だれに、どうやって、どういうふうに、どこから送ろう? ほんとにそれで大丈夫?
第一種から第四種郵便物、メール便、各種包材による梱包発送に、制度適用から送料最適化まで。
また、信頼できる印刷会社のご紹介を通じて最初から最後までお付き合いします。
たとえば、デイリーで発生する発送作業、「貴社でシステムからプリント、折って封入、封緘して郵便局へ」今日は50通だったけど・・・ セキュアな転送サイトでデータの送受信、お預かりした専用用紙へプリント、封入封緘局出し報告まで、毎日行います。
業務内容
>>大きな画面で見る

情報処理受託開発・運用 「知っていますか?」

出版社や団体向けの読者管理・会員管理システムがパッケージ販売されていない理由を知っていますか?
日本独特の読者、会員に対する各社のきめ細やかな対応をパッケージ化することが出来ないからです。
「この読者にはこんな対応をしたい」 から始まる開発。 システム仕様書への判子は不要です、とことん付き合います。
業務内容 業務内容

連続帳票高速両面同時印字・各種プリントアウト 「”同時”ってなんだ?」

両面印字(プリント)はわかるけど、”同時”ってなんだ?
「表(おもて)面をプリントしてから反転させて裏(うら)面をプリント」 ではありません。
大きなドラムを2個並べて、その間に紙を通します、表と裏から文字通り同時に、レーザープリント。
「表と裏で名前が違う!どこからだ?」なんて事はもうあり得ません。(バリアブルマッチング)しかも、A4縦2丁取り、つまり1分間にA4両面約240枚。(モノクロですが)

>>大きな画面で見る

>>大きな画面で見る

圧着ハガキ・封書のトータルサービス 「あー あのハガキ!」

あなたも一度は開いたことがあるはず、”さらっ”・”ぱり”・”にゅー”と開くあのハガキ。
片面・両面・封書タイプを、第一種、第二種郵便物の規定に則り、企画、製造、データ処理、印字、圧着、バースト、割引区分、局出しまでお引き受けします。もちろん小ロットから大ロットまで。
ハガキなら1時間に20000通くらい処理できます。 表は領収証、裏は請求書としても利用されています。

>>大きな画面で見る

>>大きな画面で見る